読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小枝ちゃん。いらっしゃい。

Kazikaというショップに初めて行ってきました。小さな店舗なのに手入れの行き届いた水槽に状態の良い生体が沢山。。。それでもサンゴは入荷が遅れていて今日は少ない方なのだとか。。。

 

また価格面も、サンゴに限って言えば、生麦海水魚センターでは、ちょっとリッチなお客さんを想定してるのかな?と思える高価なサンゴが多く、逆に安価なサンゴを見つけるのが難しいですが、Kazikaでは、色艶の良い良質なサンゴが良心的な価格で販売されている感じです。(魚に関しては、生麦も割りかし良心的でした)安かろう悪かろうではなく、本当にどれも状態が良さそうです。

 

最近状態が劣悪になってしまったペットエコ湘南店の黒ずんだサンゴよりも明らかに状態の良いサンゴが、ペットエコよりうんと安く買えます。このショップは今後のお気に入りになりそうです。店員さんもちゃんと分かっていそうな人で、そこいらの総合ペットショップのバイト/パートっぽい人達とは違います。

 

さっ、連れてきたのはこの子。

f:id:hana-smile:20131005173715j:plain

コエダナガレハナサンゴです。はなちゃんと相談し「小枝ちゃん」と命名。私が初心者であることを伝えると、親切な店員さんが、持つときはつけ根の硬いところを持ち、株の先の方の柔らかいところを触ると状態を悪くするから触らない方が良いこと、温度合わせは必要だが、水合わせはさほどやらなくても大丈夫なことなどを教えてくれました。コエダナガレハナサンゴは多少水質が悪くても育てられるのだとか。。。自宅に持ち帰り、レイアウトするときにヒラヒラ部分に触ると、ちょっとビリビリと痺れる感覚が。。。人間では大した事ありませんが、結構な毒を持っているのかなぁ?と思いました。

 

この子をうまく置くために、水槽のレイアウト自体を変更しました。

f:id:hana-smile:20131005173737j:plain

 ヒラヒラと動く部分は華奢ですが、つけ根の株の部分は太く、それを差し込むところがなかなか見当たらず、岩のレイアウトをいじらざるを得ませんでした。

 

こうして眺めると、60cm水槽というのは本当に狭いんだなと再認識させられます。最も小振りな子を選んだのに、専有面積は比較的大きく感じます。小振りと言っても、魚と比べれば体積はうんとデカいので仕方ありません。異種サンゴ同士の接触はダメージになるとも聞きますし、この水槽に入れられる数は僅かしかないのだろうと思います。

f:id:hana-smile:20131005174138j:plain

写真でうまく伝わるかどうか分かりませんが、肉眼で実物を見ると、ブルーの照明に照らされ、水流にたなびく蛍光グリーンの先端がとても綺麗です。蛍光って、とっても不思議。。。自分からは発光しないくせに、青い光が当たると、まるで自分が光っているように見えます。

 

ただ、、、こうして比較的飼育しやすいと言われるコエダナガレハナサンゴを初めて手にして、家でしげしげと眺めていると、上級者の方々がミドリイシのような難しい個体に凝りたくなる気持ちが、ちょっとだけ分かるような気がします。

 

コエダナガレハナのような子は、華やかな蛍光色をたたえ、そのままの姿でも十分美しいですが、色揚げ、のような楽しみはあまりないのでは?と思うのです。これに対して、ミドリイシのようなサンゴは、水質にこだわれば、こだわった分だけ、色の状態が変化し、色揚がり、という形で飼育者に返してくれるのではないでしょうか?

 

と言っても!単に添加剤を添加するとかの問題ではなく、不調原因の特定や根絶など、思うほどイージーじゃなさそうです。

 

今は小枝ちゃんの維持が目標ですが、いつかは色の変化が如実に出るサンゴにも挑戦してみたい、な~んてぼんやり思うようになりました。ま、いつかは、の話ですが。

 

f:id:hana-smile:20131005173704j:plain

一緒に連れてきたケヤリムシ(左側)。980円!安い!写真ではこの程度にしか伝えられないのがとても残念です。何とも言えない上品な紫色です。右側のハードチューブ(わが家では「お花ちゃん」)を元気の良いお嬢さんに例えるなら、左のケヤリムシは落ち着きのあるマダムの風格。(はなちゃんとは相談していない非公式の通称「マダムさん」)

 

この対照的な二人の女性、実はウニョウニョしたゴカイの仲間だなんて。。。。海の中は不思議がいっぱい。。。

 

あ。そうそう。私。この度、水換え魔人の会に入海させていただくはこびとなりました。

  20131005150024

一日一善&一月100Lって、、、、見てください、この子のハッピーそうな顔。アクアリストをトリップさせる白い粉ですっかりハイになってしまっているようです。。。

 

さっ、これでアナタも水換えジャンキー?