読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アマゾン川から荷物の漂着

f:id:hana-smile:20131029164552j:plain

米国のアマゾン川から色んなものが流れてきます。今日は、評判の良いバクテリア添加剤「マイクロバクター7」と、Caの補給とKHの調整をするというバッファー系添加剤「Cバランス」が漂着しました。が、パートAとパートBの二本からなるCバランスのうち、パートB一本しか入っていません。

 

アメリカのアマゾン川のヘルプデスクにはチャットサポートがあるので、早速相談すると、至急パートAを無償で流してくれるとのこと。返品等、面倒な手続きは一切なし。しかも最速の便で金曜までに到着させる、とのこと。欠品はいただけないですが、カスタマーサポートは素晴らしすぎます。こんな対応は、かえって会社の株を上げるってもんです。

 

金額的には小さいこの商品、アメリカからの最速便では送料の方が高くなることは間違いないでしょう。顧客重視の姿勢が伝わってきます。一人のユーザーへのこうした態度が企業の評判を左右するという、ネット時代の対応なのかも知れません。

 

マイクロバクター7は、うちの水量(100L未満)と栄養塩レベルでは隔日1滴で良いらしく、ポタっと一滴垂らして終わりです。といっても、用法によれば、250mlの飼育水を容器に入れ、そこに添加し、それを水槽に流す、とのことなので、そのとおりにやってみました。おそらく水槽内に投入される菌の偏りを防止し、上手い具合に拡散させるためでしょう。

 

当然ですが、見た目上は何の変化も起きません。米国のフォーラムでは、このバクテリア添加剤とBPリアクターとの併用で相乗効果が得られ、BPによる栄養塩の低減がさらに促進された、というレビューがいくつかありました。数日後に硝酸塩を測定してみたいと思います。

 

CバランスのパートBですが、プラスチックボトルのキャップにシールがなく、ちょびっと漏れて到着しました。さすがアメリカ製品です。この程度なら気にしませんが、きっとパートAも多少漏れて到着するでしょう。

(^ ^;

 

Cバランスの用法を読んでみると、フォーラムでの評判通り、使い方は実に簡単なようです。水量や生体数などで若干の調整は必要でしょうけど、付属の計量カップでパートAとパートBを毎日、等量入れるだけです。この商品はマグネシウムストロンチウムも含まれていて、長年のユーザーが他の添加物は要らないというお墨付き。。。コレ、ホントでしょうか。。。

 

ゼンゼン関係ないですが、今日のはハタゴの状態です。

f:id:hana-smile:20131029201710j:plain

もともと上に伸びる傾向のあるわが家のハタゴちゃんですが、今日はニョッキリ度合いがマックスです。

 

f:id:hana-smile:20131029201704j:plain

この子もです。

 

以前ケントロさんにご指摘いただいたいように、やはり光量を増す必要があるのか。。。。白LEDの照射時間を長くするか、LEDの位置を下げるか、実験してみる必要があるかも知れません。。。