読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアルムコタマさん

本日は、初めてさいたまの海のムコタマさんとお会いしました。実はかねてからお約束していた、我が家で使わなくなったカルシウムリアクターとムコタマさんが間違って2個輸入してしまったHANNAのカルシウムチェッカーをトレードする日だったのです。

 

リアクターは差し上げるつもりだったのですが、ご親切にもトレードを申し出ていただいて、とってもありがたいお取引となりました。

 

お約束の場所は、小さな店内にミドリイシがぎっしり詰まった珊瑚堂です。ムコタマさんが事情により早く帰宅しなければならなくなったので、お話しできたのは短時間でしたが、やはり共通の趣味を持つ人とは盛り上がります。

 

何が安心したかって、ムコタマさんは私が想像していたよりも、落ち着いた感じの人だったことです。いったいどんな人を想像してたかというと、もっとやんちゃでファンキーな人かと思っていたんですね。ブログを眺める限り、思ったことをグイグイやられる感じのパワフル系なのかな?と思っていたので。

 

お互い仕事の関係で頻繁に都内に出るので、また機会があったらショップめぐりでもしましょう、ということで別れました。

 

その後、私はしげしげと珊瑚堂さんの店内を物色。ここのミドリイシは本当にクォリティが高いです。私が思いつく範囲で、本当に良いミドリイシに出会おうと思ったら、珊瑚堂さん、コーラルラボさん、アクアラバーズさんは外せません(順不同、好みにより前後すると思います)。

 

実際、ぐっと来る個体があったのですが、今回は見送りました。前回の大失敗を契機として、感覚に依存した飼育をやめると決意し、トリトンシステムにしたわけですが、調子に乗って照明も換えたりしたために、私の財布にも冬の時代が到来しています。

 

が、、、ぬぅうううう、、、、あの個体は、、、、ぐぉおおおお、、、、欲ぢぃぃいいい!!!

 

もしかしたら、後日うっかり我が家に届いてしまうかもしれません。この趣味をやられている方なら、どなたも経験があるのではないでしょうか?気がつけばショップの前に立っていた、いつの間にか手に袋をぶら下げていた、欲しいと思っていた生体が自宅に届いていた、なんて不思議なことが、な~ぜか起こるんですねぇ~。なぜでしょうねぇ~。。。