読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとした贅沢。。。

f:id:hana-smile:20161210090237j:plain

カルシウムリアクターとのトレードでムコタマさんからいただいたHANNAのカルシウムチェッカー。早速使わせていただきました。

 

394というのは低めですが、我が家では少し前まで370~380くらいだったので、少しあがっています。トリトンのベースエレメンツ添加によって少しずつ補正されてきているのかも知れません。

 

トリトンの結果、我が家ではスズが許容値外ですので、喚水を行わなければなりません。その際、我が家の水槽で低めに出た元素を個別に添加しようと考えていたのですが、コーラルラボさんのアドバイスによりカルシウム、マグネシウムヨウ素が、我が家で使っているヴィーソルトより高めに入っているというレッドシーコーラルプロソルトで喚水することで、個別の微量元素を購入することなく補正を試みることにしました。補正後はまたヴィーソルトに戻せるかも知れない、とのことでした。

 

トリトン推奨の人工海水はトロピックマリンプロリーフソルトですが、今回は我が家の水槽で不足分を補うのにちょうど良いということで、例外的にレッドシーコーラルプロソルトを使ってみる、ということになります。

 

しかし上記を除いては、つかの間の安定を享受しております。ドーシングポンプとオートトップオフの調整も完了し、比重とKHは常に一定を保っています。リン酸塩も0.05で増減なしです。

 

ところで話は変わりますが、私にはリーフタンクの他にもう一つの趣味があります。それはコーヒーの焙煎です。

 

f:id:hana-smile:20161210155615j:plain

こんな風に、手回し焙煎機で生豆を煎って、自家焙煎のコーヒーを自宅で楽しむわけです。これを真夏にやるのは相当過酷なのですが、今は良い季節になりました。

 

f:id:hana-smile:20161210185503j:plain

焙煎後です。この豆、知る人ぞ知るパナマのエスメラルダ農園のゲイシャ種という豆なんですが、生豆から焙煎することで、銘柄のコーヒーも割かしリーズナブルに飲めるのです。ただし焙煎に慣れるまでは、焦がしたり、逆に青くさくなったりするので、ちょっとした修行が必要です。

 

そんな満足に煎ることができたコーヒーを、水槽を眺めながらいただくという贅沢。

 

f:id:hana-smile:20161210160040j:plain

おっと、この湯飲みは、はなちゃんの弟が小学校の修学旅行で作ってくれたハンドメイドの湯飲みです。「なぜサイコなんだ?」と聞くと、「コレで飲むとサイコパワーをもらえるから」ですって。サイコーの「ー」を書き忘れたわけではなかったのか。。。

 

こうして私は毎日サイコパワーをもらっているわけです。

 

以前にもお伝えしたように、我が家には4人の子供がいます。はなちゃん、はなちゃんのお兄ちゃん、はなちゃんの弟、はなちゃんの妹です。

 

今、はなちゃんの水槽を最も楽しんでくれているのは、一番下のはなちゃんの妹です。最近ではリフジウムに爆発的に繁殖しているヨコエビに「ダニって名前にしよう♪」などと言って、わくわくしながら水槽を眺めています。

 

「ダニ」か。。。かわいそうなヨコエビと思うのは、私だけだろうか。。。

 

いや、このヨコエビは、いずれ連れてくるであろうシマヤッコに喰われてしまうという、いずれにしても哀れな運命です。

 

それにしても、ここしばらくバヌアツ産のシマヤッコにターゲットを絞って待ち構えていますが、なかなか入荷がありません。。。。

f:id:hana-smile:20161210175950j:plain

 

どなたかバヌシマの垂れ込み情報がありましたら、こっそり相談窓口から教えてください。

 

待ってますよ。

f:id:hana-smile:20161210194638j:plain