読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思わぬ急展開

クリスマスにバヌアツシマヤッコをゲットする前に、もう一件、結構前から声をかけていたショップがありました。昨日そのショップから電話が。。。「6cm強の〇〇○〇が入ってます」

 

それを聞いたはなちゃんとはなちゃんの妹はもう目がハート。私のハートビートもアップテンポに。。。

 

実はこの子達、シマヤッコのペア化を夢見ていて、既にクリスマスの子を「ナッツ(バヌアツから取りました)」、そして将来連れてくるであろう子(勝手にその気になっている)を「バナナ(バヌアツイエローバンドのイメージから着想)」と名付けていました。まだ連れてきてもいない2匹目にも前もって名前を付けておく有様です。

 

確かに私も大のシマヤッコ好きですが、この発想は完全に彼女たちの妄想です。ペア化なんて、まるで上級者の妄想そのものですが、長いこと海水をやっていてピカソクラウンのペア化も見てきた彼女たちにって、それは妄想と言うより願望。。。

 

というか、その願望は一歩前へ進んでしまいました。。。というか。。。後戻りできないところへ。。。

 

なぜなら。。。。

 

f:id:hana-smile:20161229191737j:plain

お買い上げ~♪

 

f:id:hana-smile:20161229191739j:plain

くっそぉ~っ!ミドリイシ水槽にめっちゃ映えるじゃねぇかぁ~、こいつら~♪

 

当然、小競り合いはありました。一番ひどいときで、くちばしで体をド突くことも。。。

 

だって6cm強って言ってたのに、お店に行ったら7.5cm~8cmくらいもあるんですもの。。。これじゃあ先住のナッツと同格かそれより大きいくらいです。こちらもイエローバンドばっちりで、非常に悩ましい選択だったのですが、どちらかと言えば娘達のおさまりがつかなくなり、気がつけばバッグの中に袋が。。。。って、また「うっかりさんモード」発動~!!!

 

連れて来て比較すると、やはり、先住のナッツよりバナナの方がちょっぴりデカいし、しかも気が強いです。

 

そして今朝、確かに力関係は明確になっていましたが、恐れていた「萎縮→食欲減退」のパターンは起きませんでした。先住のナッツは大型新人のバナナからは逃げるものの、普段通り、ライブロックを突きまくり。

 

しかも、昨夜のようにド突かれることもなく、軽くいなしてスイスイと泳ぎながら、ライブロックを突き続けています。これなら行けそうです。

 

餌食いに関しては、最近のライブロックの追加と、何よりトリトン導入に伴う海藻に付着してきたヨコエビ等の微生物がかなり増えてくれたおかげで、人口餌以外の食べ物には不自由していないようです。

 

その証拠に、ガラス面に付着している微少なプランクトン系の動く生物や、何か白い点のようなもの、あるいは触手っぽいものが出ている微少な無名の生き物を、次から次へと食っているところを、バッチリ目撃できています。先住のナッツは岩陰オンリーモードは卒業していて、今では水槽内を自在に往来しています。

 

トリトン導入によって、今までより比重やKH等のパラメータをちゃんと気にするようになった私ですが、今回のシマヤッコ導入にとって何より助かったのが、海藻導入によってプランクトンリッチな水槽にすることができたことです。チャームのお任せ海藻セットには、ヨコエビが混ざっていることが多いのでおすすめです。

 

シマ導入時にケースを使わないのが我が家流です。このメリットはメンタルが萎縮しないこと、それに人慣れが早いことですが、プランクトンリッチにすることで、手法としてはかなり良い具合にグレードアップされた感じがあります。

 

f:id:hana-smile:20161230081311j:plain

はなちゃんが絵を描いて水槽キャビネットに貼りました。勝手に双子ってことにしています。それを見たはなちゃんの妹が「ヌヌ子ってなに?」と。。。

 

ぬぬこ?

 

ああ~、それは双子って読むんだよ。と私。。。

 

がんばれ!ヌヌ子達!!!