読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スカイツリー+すみだ水族館

海水魚

f:id:hana-smile:20130127161124j:plain

どぉ~~~ん!

 

今日はスカイツリーに行ってきました。遠くの地平線から、「地球ってやっぱ丸いんだね」と感じます。富士山も割りかし大きく見えました。東京タワーや東京ドームはちっさく見えます。私は高いところが得意でないので、ちょっとだけ心配でしたが、高さの割りには恐怖感はありません。天気も良く、絶好の観覧日和でした。

 

そしてパパのお楽しみは、

f:id:hana-smile:20130127161202j:plain

そうです。噂の「すみだ水族館」普通の水族館と違って、細かく区分けされているのではなく、だだっ広い空間の中央にでっかいペンギンが水槽があるのが特徴です。ペンギンは~正直あまり興味はありません。はなちゃんちからそう遠くない新江ノ島水族館と比較すると、イルカショーがないのがディスアドバンテージでしょうか。そして空間は巨大ですが、魚の種類としてはとりわけボリュームがあるわけではなく、意外とあっさりと見終わってしまいます。

 

ボリュームとしては新江ノ島水族館八景島シーパラダイスには及ばず、家族連れを喜ばせるダイナミックなショーや参加型のイベントも一切ありません。また油壺マリンパークのような充実したふれあいコーナーがあるわけでもありません。これらの水族館がアミューズメントパーク的な要素が充実しているのに対し、こちらはおとなしく鑑賞しましょう、といった趣。一般的な水族館よりかは、やや大人向けの水族館なのかも知れません。私的には、若干驚きや感動が少なく思いました。

f:id:hana-smile:20130127161455j:plain

ペンギン水槽は、下から見上げることも可能です。が、下から見上げる水中は、ぼんやりしていてよく見えません。アイデアとしては面白いですが、他の水族館のように水中を散歩しているかのごとくクリアな視界が得られるわけではないところが残念。

f:id:hana-smile:20130127161903j:plain

オープン当初、テレビのワイドショーで取り上げられたときに絶賛されていた「周囲を360度歩いて回れる水槽」こんな風に、水槽の向こう側にいる人物と合わせて撮影したりできます。手前のニョロニョロはチンアナゴ

 

他の水槽にはカクレクマノミもいましたが、はなちゃんパパとはなちゃんは「なんでイソギンチャクを一緒に入れてあげないんだろう?」「きっとこの水族館の人たちは素人だな」などと勝手なことをつぶやく有様。

 

この金額を払って2度目はあるだろうか?というと、まぁ、ないでしょう。スカイツリーという強力な集客要素を持ちながら、いまひとつパンチに欠ける水族館であったような。。。

 

はなちゃんとしては、おそらく、近所のペットエコ湘南店の方がワクワク度が高かったのではないでしょうか。。。