読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エーハイム プロフェッショナル3 2071注文

器具・装置 水質

エーハイム プロフェッショナル3 2071、ポチッと行ってしまいました。チャームの関東当日便で本日到着予定です。

 

我が家のエーハイム エココンフォート 2232。淡水で60cm水槽にフィットする容量です。海水の場合、やや力不足。先日、マメスキマーを割ってしまい、ヨウ素殺菌プロティンスキマーに交換したのをきっかけに、再び水質への関心が高まりました。

 

クマノミスノーフレーク)2匹に、アシナガモエビ数匹、貝4匹程度なのに、最近、イソギンチャクの開きが悪く、底砂が茶色いのが気になります。

 

2071に交換すれば、流量500L/h→1000L/h、濾過槽水量3L→6.1L、濾材コンテナ0.6Lx2→1.5Lx2と、すべてにおいて倍以上の能力。しかも、高さは358mmと、我が家の既存スペースにもピッタリです。ただ流量については、きっと電動ドリルでシャワーパイプにたくさんの穴を開けなければならなくなるでしょう。

 

ゼンスイZC-100と接続するために、12/16→16/22のジョイントも注文。

 

ところで2071には、メックプロという蛇腹パイプを短く切断したような樹脂製濾材が入っているらしいのです。個人的には、メーカーのコスト対策?と憶測しています。なぜ自ら「驚くべき多孔質構造」と、その効果の高さを謳うサブストラットプロではなく、プラスチックのようなメックプロなのでしょう?蛇腹状にすることで表面積はストローよりも大きいでしょうけど、サブストラットの比ではないでしょう。コスト面から見れば、サブストラットプロを同梱するのに比べれば、おそらく1/10以下で間に合うものと推測されます。

 

メックプロは単体の販売がありません。洗えば使い回しがきくのでしょうけど、私的には最初からサブストラットプロのみで行く予定です。