読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怒濤の6月?

産卵

多忙につき、皆様のブログも読み逃げが続いているはなちゃんパパです。

 

6月は海外出張2回、国内での大きな仕事、等々で、もしかしたら未だかつてないほどの多忙な月になる予感。。。なのに、昨日ピカソ夫妻が産卵しました。産卵の前日、夫妻の口が白くただれていたのを発見したはなちゃんが、病気?と。。。どうやらライブロック側面を口で掃除していたのが、ただれの原因だったようです。

 

最近、雄のトラちゃんの体が傷だらけになっていたのも、おそらく、新参者のウニちゃんズから産卵予定場所を守るために体を張ったのではないかと。。。この子達は産卵が近づくと産卵予定場所に接近する他の魚や貝などを激しく攻撃して追い払います。トラちゃん、、、まさかのウニに対しても攻撃を仕掛けているのだろうと推測されます。というか、そうでなければ、こんなにボロボロになるはずがありません。未だかつて、これほどまでに体表が傷だらけになった姿を見たことがありません。こんなに根性のある子だったとは。。。

 

おそらく1週間後には孵化が始まり、その後もずーっと頻繁な産卵が続くと思われます。また朝晩の稚魚への喚水と餌やりが始まると思うとゾッとしますが、問題は、私が家を空けなければならない日が2週間近くもあるのです。今回は最初からベトナム産ブラインを使い、ワムシやらクロレラやらの準備作業は回避できる見込みとは言え、はなちゃんへの依存度がハンパなくなります。マニュアルを準備してあげて、がんばってもらわないと。そうそう。今度は日海センターでゆりケースなども買い、喚水の労力も軽減する予定。

 

ある意味、仕事も水槽も正念場。。。