読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんばれバナナ

参りました。

 

本日から3匹の魚達全員を隔離水槽に移動し、本水槽の1/3を喚水しました。数日前から、2匹のバヌシマが痒がる仕草を見せ、2回の淡水浴によって沈静化したかに見えましたが、活きブラインと活きヨコエビにしか餌付いていなかったバナナが拒食かつ引きこもりになりました。

 

隔離水槽は、マカライトグリーン、オキシドール、8割喚水で様子を見ます。マカライトグリーンを使えば夕方~夜に魚から離れる白点虫を駆除できるので喚水による強制排除は不要では?とも思われますが、8割喚水する理由は濾過装置を持たないトリタンから栄養塩を除去するのが目的です。

 

正直バナナは厳しいです。既に横たわってやっと呼吸している感じです。

 

白点のトリガーはVorTech MP40 QDの色んなモードで遊びすぎ、底砂がめくれるほどバンバン波を作っちゃったためだと思います。なぜこんな初歩的なミスをしてしまったかというと、MP40の説明書に、沈殿物を巻き上げ栄養物を行き渡らせることでSPSを健康にするというNutrient Transport Modeなるものがあって、な~るほど、そういう考え方もあるのかと、、、SPSに良いんじゃやるっきゃないじゃん!と、やっちゃってみたわけです。そりゃもう遠慮なくゴリゴリに。だって良いことと思ってるワケだから。

 

それがマズかったです。

 

もしかしたら水槽立ち上げ時からそういうモードで引っかき回していれば、白点虫の大ブレイクにはならなかったかも知れません。ところが普通の水槽で、ある日突然沈殿物を引っかき回したら、それは悲劇のトリガーを軽く引くことになってしまうわけです。なぜこんなことに気付かなかったか。。。。

(T_T)

 

さらに、せっかく2回の淡水浴によって沈静化しかけたところへ、PRSポンプを導入し、これは事故のようなものですが、作動時にいきなり最強の20で回り始めたため、MP40どころじゃない強さで水槽内の水がゴーっとなり、底砂からさらに悪いものが。。。もちろん、そのときはめっちゃハッピーなわけです。うほっ!このポンプ最強じゃん♪ってな具合で。

 

もうバカ丸出しで穴があったら入りたい。

 

我が家ではスキマーレス実施中なので、あまりよろしくない有機物に強制退場いただく手段が、これまた弱い状態にあったわけです。これもまた抑止力が効かなかった原因の一つだろうと思います。スキマーは既に引き取り手が決まっていましたが、事情を説明してお詫びした上で、キャンセルしていただくことにしました。お譲りする予定だった方には本当に申し訳ないです。

 

隔離のついでに本水槽から底砂を完全撤去したので、今後は上記のような事故やミスがあっても、底砂由来の白点トリガーはなくせるかも知れません。

 

もう一つは、バナナがまだ人口餌に餌付いていなかったことです。抵抗力が低下気味の魚にとりついて一気に蔓延した可能性が高いです。餌付いていなかったとは言え、ブラインとヨコエビはモーレツに食ってましたし、めっちゃ気の強い子で、ライブロックの下を占有し、ナッツが入ろうものならオラオラと追い出していたほどの番長ぶりを発揮していたので、まさかここまで抵抗力が落ちていたとは思いませんでした。

 

各種器具の入れ替えによって錫の溶出源を絶つことができたのか、ミドリイシは徐々にポリプを出し始め、ハタゴも萎縮しなくなるなど、ようやく長いトンネルの出口が見え始めてきましたが、ここへ来て今度は、なんちゃってな飼い主に起因する緊急事態が発生してしまいました。本当に迷惑な飼い主だと思いますが、お魚ちゃん達には許してもらいたいです。

 

シマヤッコって具合が悪くなると黄色いクチバシの先端が黒ずんで来るんですよね。これは人間で言うところの顔面蒼白というか、たとえばプールで顔色が悪くて唇が真っ青みたいな、具合の悪さのバロメーター的な感じです。今回のバナナはめっちゃ顔色悪いです。呼吸器系に達しちゃってる可能性大です。

 

ダメな飼い主でごめんよ。。。

 

って、今(夜中の0時近く)トリタン見たら、死にかけてたバナナが起き上がってる!!!ぅおおおおお~~~!!!!立ち上がれバナナ~~~!!!

f:id:hana-smile:20160731232256j:plain

衝撃のPRSポンプ

中華製ポンプを撤去してから、ポリプがゼンゼン出ていなかったミドリイシの先端から、わずかにポリプが出てきました。下のミドリイシは太陽光下のせいだけでなく、実際、もうあまり光っていません。それくらいダメージを受けていて、根元は少し白化しています。それでも先端にごくごく僅かなポリプが見え始めたので、ちょっと嬉しいです。

f:id:hana-smile:20170219083839j:plain

 

こちらも少しだけ先端に白いポリプが見え始めました。

f:id:hana-smile:20170219083813j:plain

錫の被害はほとんど聞かないので、おそらくは私のロットに何かが起こったのでは?と想像しています。いずれにしても前のポンプを撤去してからハタゴの開きも良くなったし、良い兆しです。

 

で、下が新たに召喚したPRS 3-Phase DC 水中ポンプ DC6500です。ぱっと見、ちっさ!

f:id:hana-smile:20170220190036j:plain

 

無造作にぶっこみました。付属のホースコネクタは内径19/26の耐圧ホースと同径のため、ゼンゼン入らなかったので、前の某ポンプに付属していたものを流用しました。

f:id:hana-smile:20170220213243j:plain

率直な感想ですが、ビックリしました。結論から言うと、大満足です。

 

最初に接続したときに出力が最大の20になっていたので、ドカーーーーン!!!と水が出てきました。私の90スリムでは、20段階の3以上では強すぎるのでは?と思われるくらい、力がハンパないです。以前の某DC6000ポンプとは別格の力強さです。小さなボディのどこにこんな力が、、、というほど凄いです。間違ってDC1000とか買っちゃわなくて良かったです。

 

そして音ですが、静かです。これまでの私の経験上の感覚になりますが、以前の某中華ポンプよりかは確実に静かです。誤解のないようにお伝えしますが、無音とか、そういう非現実的なレベルではありません。音はします。ですが、私の知るポンプの中では、とても静かなレベルです。

 

今のうちの水槽では、ホースの癖によってサンプの壁に触れちゃって共振音がしていますが、ちゃんと壁から離してまじめに配管してあげれば、とても良い具合になります。

 

購入に際して、このポンプをこれまで30台くらい販売しているというエキゾチックアフリカさんから詳しく話を聞きました。

 

メーカーのPRSさんは、このポンプの開発にあたって、中華メーカーを含めた複数のモーターメーカー、だったかな?ポンプメーカー、だったかな?を1年間テストしたそうです。その中でトラブルの出なかった唯一のメーカーのモーターを採用したのだとか。

 

他社のDCポンプとは違い、採用されたモーターのメーカーはアクア系のモーターメーカーではなく、自動車関連か何かのメーカーなのだそうです。別件で、個人的に最近人から聞いた話では、自動車部品というのは実はものすごく要求レベルが高くて、北海道のマイナス20度であっても、沖縄の停車中の車内温度である50度であっても、同じように起動し、持続して動作しなければならず、装置メーカーにとって、これって想像以上に過酷な要求なのだそうです。アクアでない業界のモーターを採用したというのは、画期的な選択かも知れません。

 

PRSさんがテストした複数ポンプの中には、これで販売しちゃう?というレベルのものもあったそうな。。。

 

また独自の冷却機構により、熱を発しにくい構造なのだとか。

 

昨今、DCポンプは色々なメーカーから出ていて、形も性能も似たり寄ったり、ひょっとしてアウターケーシングとラベル張り替えただけじゃん?みたいに思えるものもありますよね。このポンプは全く別物です。CEマークを取得しているということは、海外販売も視野に入れているのでしょう。このポンプは世界に知らしめたくなる高性能ポンプです。

 

話は変わって、最近、週に1回はサンプからホソジュズモを取り出して、ヨコエビを採取し、シマヤッコにあげています。

f:id:hana-smile:20170219081757j:plain

f:id:hana-smile:20170219081816j:plain

f:id:hana-smile:20170219082923j:plain

 

えげつない感じでド突きます。

f:id:hana-smile:20170219083215j:plain

先住のナッツはモリモリ人口餌を食べてますが、態度のデカい後輩のバナナは未だに活きヨコエビと活きブラインしか食べません。今日はアサリを買ってきたので、ミンチにして乾燥餌と混ぜ、アサリハンバーグにチャレンジしてみたいと思います。

 

それにしても、PRSさんは非常に面白いものを作ってくれました。このポンプ、知名度が上がってくれば必ず売れると思います。実はポンプの選択にあたって、来たるべき水槽サイズアップも視野に入れて選んだのですが、これなら1200オーバーくらいまで余裕でカバーしちゃう力ではないかと思います。私はマグネットポンプとかは使ったことがないので、あくまで自分が使った水中ポンプとの比較になるのですが、それらの中ではえらくパワフルで、その割には静かです。

 

ポンプは一度買ったらそう買い換えるものではないし、信頼性の高いものを選びたいですよね。その意味では、今回は良い買い物をしたかなと思いますよ~♪

クーラー。だけじゃ済まなかった。。。

実はバヌシマのナッツとバナナを迎えてから2回目の淡水浴を敢行しました。

 

1回目の淡水浴は、実はVorTech MP40導入直後に行っていました。あまりに使い勝手が良くパワフルなので、デトリタスを巻き上げるモードなどでガンガン水流を回していたら、いらないものまで沢山巻き上がっちゃったようで、2匹のシマヤッコが痒がって体をライブロックにこすりつける様子を見せるようになりました。

 

1回目の淡水浴は約5分ほどでした。その後しばらくの間、痒がる仕草を見せなかったのですが、潜伏していた卵?菌?のようなものがあったのかもしれません、本日再び痒がる仕草を見せたので、2回目を敢行しました。

 

今回は8分ほど行いました。

 

f:id:hana-smile:20170218074758j:plain

 

1回目のときは死んだように硬直していて、エラだけは動いていた感じでしたが、今日はちゃんと淡水を泳いでいました。粒餌に餌付いていて元気いっぱいのナッツは容器から移動させる際にジャンプを決めて、飛び出す有り様です。速攻で素手で拾い上げましたけど、力んでるときの魚って結構硬いんですね。。。泳いでる姿を見ると、もっとふわっとして見えるのですが。

 

よく淡水浴は魚に負荷になると聞きますが、私は魚が元気なうちは躊躇なくバンバンやるタイプです。弱っている魚には致命傷になりかねないのでやりませんが、基本元気な子達の場合、淡水浴をすると明らかに痒がる仕草などがなくなり、目の曇りがある場合なんかも、それが取れて、調子良くなるのが分かります。

 

f:id:hana-smile:20170218084850j:plain

淡水浴後のバナナ。ゼンゼン元気でフツーに餌を探しています。

 

バナナはイエローバンドがとても濃いのですが、その黄色をバッチリ写すのはとても難しいです。ショップでもあまり見ないほど黄色いラインがくっきり入っているので、それをお見せしたいのですが、なかなかうまく撮れません。

 

ところで、オーバーホールに出していたゼンスイクーラーZC-500ですが、本日新品のZC-1000αに進化して戻ってきました。

 

f:id:hana-smile:20170218135445j:plain

 

ヤフオクで買ったZC-500はなんと13年物で、コンプレッサーやファンの交換で約5万もかかり、そればかりか、修理後もいつまで動作し続けられるか分からないとのこと。。。

 

5万払っていつ壊れるか分からない、、、それっておとなしく白旗あげて新品買いなさいってことですよね?

 

というわけで、黙って白旗あげました。ってかそれしか選択肢がない。。。

 

しかしですね、ゼンスイさんには「新品修理」というありがたいサービスがありまして、修理対応に代わる代替品の購入が必要となったときに、新品をリーズナブルな価格で購入できる対応があるらしいのです。これだとネットショップとかで買うより安く買えるんですね。そして代替品は同等品でなくても良いのです。今回はソレを利用させていただき、まんまとZC-1000αに乗り換えたわけです。家族に対してクーラーサイズを上げるアリバイもできましたしね♪

 

ZC-1000αの電源を入れると、最初は、うほっ!静かじゃん♪と感動。フツーに音はしますけど、13年前のZC-500のブゴォオオオオオ~~~ッ!!!!という爆音から比べれば上品なものです。ところが!パワフルになったはずのクーラーなのに、動作がいっこうに止まらない。20分経っても動作しっぱなしです。何かがおかしい。。。

 

一難去ってまた一難。それがこの水槽のサガなのか。。。

 

表示上の温度も下がりません。メインタンクの温度計を見ると、24度を下回り、ビンビンに冷えてます。なのにクーラーの表示は25.7とか。。。

 

そこでメインタンクとサンプの水温を、指で確かめました。

 

メインタンク、、、冷え冷え

サンプ、、、生温かい

 

つまり、クーラー変更によってクーラー内部の流水経路が長くなったことで、外部フィルターのエーハイムプロフェッショナル3からの送水が弱くなって循環水量が下がり、それによってメインタンクだけがキンキンに冷えて、サンプからクーラーへの戻り水は生温かい、ということになっちゃってるようなのです。

 

メンドクサい書き方しましたが、ようは水が回ってないんですよ。上と下とで。

 

というわけで。買いますよ。買えば良いんでしょ、適正出力の揚水ポンプ。。。男なら黙って清水の舞台から飛べば良いんでしょ。

 

アレェ~~~。

 

もう何回清水の舞台から飛び降りたか分かりません。錫問題に悩まされ、数々の懸念を払拭するための各種器具の出費でフルボッコです。

 

で、注文したのがこちら。PRS 3-Phase DC 水中ポンプ DC6500です。

 

f:id:hana-smile:20170218150138p:plain

発売が2016年の10月頃と最近のようですが、にしても代表画像が3Dグラフィックっていかがなものかと思うのは私だけでしょうか。。。

 

このポンプ、実は物色し始めた本日初めて知りました。なぜこれに決めたかというと、1つは、どうやら静音らしいということです。本当のところは分かりません。なにせレビューがゼンゼン見当たらないのですから。メーカーページには「コントローラー内にノイズ防止機能が搭載されているのでポンプ音が低い3-Phaseポンプ」とあります。

 

コントローラーでノイズ防止だぁ???上等じゃねぇか。よく分かりませんが、まあ何らかの静音対策が施されているなら、それはそれで良しとしましょう。

 

もう一つの決め手はCEマークです。CEとは、ヨーロッパで製品を販売しようとするときに求められる安全基準です。アクアリウムポンプが満たさなければならない基準が何なのかは分かりませんが、以前、仕事の関係でCEマーク宣言を行う各種作業に立ち会ったことがありましたが、それはそれは厳格な測定やら評価やらが必要でした。というわけで、必ずしもCEが絶対というわけではないのですが、少なからず機能や材質等に関して何らかの評価試験を行った機械であるということだけは言えます。

 

正直なところ、揚水ポンプをエーハイムの外部フィルターに替えてから、ハタゴの開きが良くなったので、エーハイムプロフェッショナルを2台にして、フィルターからの排水をY字コネクターで束ねてクーラーへGO!かな?とも思ったのですが、それでも水量が、経路の距離や揚水高さ、クーラー経路の負担などで、たとえば規定出力の半分にしかならなかった場合、2台併用でも十分な循環量が得られる保証はありません。

 

であれば、やはり何らかの揚水ポンプを探すしかありません。CEマーク適合宣言を出しているポンプならば、願ってもないことです。CEの各種試験評価費用って、けっこう馬鹿にならないというか、高いんですね。そしてメンドクサイんです。欧州というのは環境基準などがうるさい地域ですので、そこでまじめに販売しようとするならば、それなりのハードルがある、というわけです。

 

ただしCEというのは、第三者評価機関を要するとは言うものの、自己宣言です。一時期、中華企業からの欧州輸出において、自己宣言を良いことに不正が横行し、それによって一段と厳しくなったと聞きます。その分、CEの信憑性は今では高くなっていると思うので、個人的に錫と闘う私としては、好判断の材料です。

 

どうやら既にエキゾチックなアフリカから佐川急便で日本へ向けて爆走中らしいので、明日の到着を待つこととしましょう。

ちょっと好転?

太陽光がバンバン当たる我が家の水槽。写真でお伝えできないのが残念ですが、シマヤッコがライブロックを縫うように泳ぐ姿に萌えます。

f:id:hana-smile:20170215095320j:plain

 

うぃっ?と、ひょっこり顔をのぞかせては、また姿を引っ込めるシャイなところに、また萌える。。。

f:id:hana-smile:20170215095027j:plain

 

ところで、錫検出問題に揺れる水槽ですが、ちょっとした好転がありました。

 

ずいぶん長いこと萎縮していたハタゴが、ここ数日間、ぷっくりして、触手の伸びも明らかに長くなりました。まだ大きさは小さいままですが、かつてはイボハタゴ?ってくらいペッチャンコになっていたのが、今はふわっとしています。

f:id:hana-smile:20170215094847j:plain

 

ちなみに某中華製ポンプを完全撤去し、水槽の全喚水も完了しています。まだ断定はできませんが、これでミドリイシの白化が止まってくれたら超嬉しいです。

 

錫溶出の原因になりそうな金具を外し、疑わしい揚水ポンプを外部フィルターに変え、ウェーブポンプも変更し、クーラーもオーバーホールに出し、スキマーは撤去してリフジウムで対応し、これでも錫が検出される場合は、躊躇なく水槽をアクリルに変えます。そうするとクーラーサイズも上げなきゃならないので(変えるなら当然水槽サイズを上げます)、できることなら勘弁して欲しいです(本当はサイズ上げたい気持ちもあります)。水槽変えてもダメなら除霊します。

 

毎回、何かやる度に、これがトドメの一撃!と思っているんですが、もうそのトドメを何発打ったことか。。。オレ偉いなって泣けてきます。。。

(T^T)

機材を引き取ってくださる方、募集しております(アクア引退ではありませんよ)。

はなちゃんが、こんな海苔餅を作ってくれました。はぁ~癒やされるわ。

f:id:hana-smile:20170211111438j:plain

 

こちらも癒やされます。

f:id:hana-smile:20170211172305j:plain

 

この子達も元気です。

f:id:hana-smile:20170211172310j:plain

 

ミドリイシは白化により少しずつ落ちていき、今は3つです。この子達が落ちる前に水質を改善したい。。。

f:id:hana-smile:20170211172558j:plain

 

白化について、錫との戦いのこれまでの経緯です。

 

1.トリトンで錫検出。

2.水槽蓋を載せるための金具が疑われたので、金具を外し、1ヶ月かけて全量喚水。

3.トリトン検査で錫増加発覚(=金具が原因ではない)。

4.中華製揚水ポンプを外部フィルター、エーハイムプロフェッショナル3に交換。

5.中華製ウェーブポンプをVorTech MP40に交換。

6.ゼンスイにZC-500のオーバーホールに出し、その際に質問して、クーラーの可能性は極めて低いことが判明(錫が混入するような構造になっていない)。

7.コトブキ工芸に電話をして、フロートガラス製造の際に使用する錫から来ている可能性は極めて低いことが判明(製造工程で表面に付着する可能性はあっても、ガラスに溶け込むわけではないので、使用に伴って溶出し、水中の錫成分が増加するといったことはあり得ない)。

 

というわけで、現在、中華製ポンプの交換後60Lの喚水が完了しています。早く結果が知りたいので、じゃんじゃん喚水中です。

 

ところで、どなたか以下のアイテムを買っていただけないでしょうか?全部動作は問題なく、軽く掃除はしておきますが、基本、購入者様で綺麗にしていただく必要があります。

 

LED照明、Coral Box M1-90を1.2万円くらいで引き取ってくださる方はいらっしゃいませんか?送料は実費負担願います。この中華製LEDは、まあ贅沢を言わなければ、まあまあちゃんと使えるLEDですし、光量はめちゃめちゃ強いので私はかなり弱い状態で使っていました。ちょっと使いにくいなと思ったのは、操作部の電光パネルが薄くしか表示されず、昼間は本当に見づらいです。最近は仕事が忙しく、取説を和訳してあげる気力がないので、こちらにある英語版マニュアルで何とか使ってくださる方限定になってしまいます。米国プラグを日本コンセントプラグに変換するアダプタは購入者様でご用意ください。水槽に直接載せる台は捨ててしまっています。ワイヤケーブルはあますが、交換するか使い続けるかは自己判断でお願いいたします。ワイヤケーブルはホームセンターで入手できます。

 

(((→売約済み)))リーフオクトパスのプロティンスキマー、Reef Octopus DC-X II 1000Sも1.8万くらいで買ってくださる方はいらっしゃいませんか?前にこのスキマーが止まった、と書きましたが、後で分かったことですが、付け根のコネクタが外れていたというなんちゃってな理由でした。動作は大丈夫です。クリアの筒と土台を固定するネジが一個なくなっています。あと使用に影響ない小さなヒビがカップにあります。このスキマーは5段階中2以上くらいの強さにするとエアが噛む音がコトコトと言いますので、最強の静音性を求める人向けではないと思います。あとインペラーにタイラップを巻き付けたら泡が細かくなるだろうか?という実験をしたときに、インペラーのプラスチック突起が一部曲がりましたが、これも使用には一切影響ありません。

 

(((→現在保留中:もうちょっと使ってみることにしました)))マイクロナノバブラーSSとアデックスX202高圧タイプエアーポンプ(通常より高圧のタイプ)のセットを4千円でいかがでしょうか?使用は1ヶ月弱程度です。

 

(((→引き取り手決定済み)))AQLink S1 WiFi Jebao Adapterを1個1,500円くらいでいかがでしょう?全部で3つあります。こちらからアンドロイドアプリをダウンロードし、スマホでJebaoのウェーブポンプの強さや、時間ごとの強度設定、間欠の動作時間、停止時間等のコントロールができます。取説をなくしてしまったので現在送ってもらえるよう依頼しています。もし送ってもらえなかったらごめんなさい。取説は英語版になります。

 

(((→売約済み)))バイオペレットリアクター、AQUA HOUSE バイオペレットリアクター ジェットストリーム 300を3,000円ではいかがでしょう?

 

(((→売約済み)))自動給水装置(オートトップオフ)Coral Box A100 Auto Top Off (ATO) System新品未使用英語版取説つきを3,500円ではいかがでしょう?

 

上記全ての個人的な使用感等は、このブログで検索すれば若干出てくると思います。上記は全部動作品で、不具合等はありませんが、全ての備品が揃っているわけではありません(使用に支障のある欠品はありません)。なにぶん個人的な売買ですので、そこいらはざっくりと理解いただける方のみということでお願いいたします。購入希望の方は、こっそり相談窓口からどうぞ。送料は全て着払い、または手渡しで。あと、なにぶん忙しいので、発送は迅速にはできません。申し訳ないですがご了承ください。

 

ご連絡お待ちしています。

ゼンスイクーラーは白でした。

例のスズの件、クーラーをオーバーホールに出すに当たって、ゼンスイに可能性があるかどうか質問してみました。

 

以下、その回答です。

 

-----

  • タンク内部にあるチタン製の冷媒管には錫を利用している事はない。
  • チタン製の冷媒管はタンク外部まで、伸び出ており、そこの部分では溶接を行っている関係上錫をわずかに含んでいる可能性があるが、構造上内部に混入する可能性は低い。
  • タンク部分にも、金属は使用されていない。
  • 現在までに数十万台のクーラーを販売しており、様々な用途に使用されているが、過去に同様の問い合わせは無く、現時点での推測としては、他製品に起因する錫の検出ではないかと思われる。

-----

 

まじめにアクア界のために貢献してくださっているメーカーの名誉のために、まじめな回答を皆さんにご紹介しておきます。

 

というわけで、クーラーの疑いは晴れました。

 

これが分かっただけでもずいぶん気持ちがスッキリしました。あとは心おきなく喚水に専念するだけです。今度こそスズの悩み解消へ向けて突っ走るだけです!

VorTech MP-40。良すぎる♪

VorTech MP-40 wQDが届きました。率直に言って、こいつはホントに凄いヤツです。

f:id:hana-smile:20170205163118j:plain

f:id:hana-smile:20170205163152j:plain

これまで使っていたのは、強度を強くしても一点がグワっと盛り上がる感じで、水槽内全体をグワーンと動かす感じにはなりませんでした。それに比べてこのMP-40は水槽内の水全体がグワーンと動きます。こんな風に水槽全体を揺らしたかった、という望みがこのポンプで叶いました。死水域を作ることなく、まんべんなく水が循環しているのが見て取れます。

 

そしてこれまた驚きなのが、その静音性。こういうポンプは使用期間と共に音が大きくなってくるのでまだ評価するには時期尚早ですが、今のところは、なんじゃこりゃ?と思うくらい静かです。Quiet Driveの呼称に恥じない静かさです。

 

またモードが豊富で、しばらく遊べる感じです。デトリタスを意図的に巻き上げるモードや、自然のリーフを模したモードなど、素晴らしすぎます。

 

これで熱源が水槽に入らないって神です。かつ、これが私が選んだ主な理由ですが、金属の腐食物が溶出する心配もないわけです。もっとも最近のポンプはセラミックシャフトなどで対応できていると思うので、そこまで神経質になる必要はないのでしょうけど、私の場合はスズの溶出源を徹底排除する必要があったので、ここは重要です。

 

しかし結果これはとても良い買い物でした。コントローラーもめっちゃシャレオツな感じで、所有欲もがっつり満たしてくれます。

 

現在のサンプ。スキマーなし。リアクターなし。揚水ポンプなしです。今のうちの水槽、めっちゃ静かです。このホソジュズモの中に、ヨコエビがわさわさ住んでいて、その中の何匹かは、気持ち悪いほどデカいのがいます。あと、どこから紛れ込んだのか、クモヒトデの赤ちゃんがいて、ちょっとかわいいです。

f:id:hana-smile:20170205163214j:plain

 

未だに人口餌に餌付かないバナナのためにブラインを沸かし続けています。

f:id:hana-smile:20170205163236j:plain

 

ハタゴの布団で幸せそうなトラちゃん。

f:id:hana-smile:20170205163358j:plain

 

今や私が近づくと餌を欲して岩から出てくるナッツ。どこかのブログで、イエローバンドは時間の経過と共に消えてしまうと読んだことがありますが、まだうちのは消えていません。この写真だとよく写っていませんが、ちょっと明るいところで見るとちゃんと黄色のバンドは残っています。

f:id:hana-smile:20170205163605j:plain

 

さて、スズとの飽くなき死闘ですが、フェイズ2に入るにあたって、さらに追加の一撃を食らわせます。それはクーラーのオーバーホールです。私のZC-500はヤフオクで買った爆安品です。ハッキリ言って金属の腐食物の出所については、ここも怪しいと思っています。ゼンスイは非常に信頼できるメーカーですが、なにせ、前のユーザーがどんな風に、何年使っていたのかも分からないので、ここは念のため診てもらった方が安心かと。これまでクーラーの破損は経験したことがないですが、もし夏に壊れたら想像を絶する悲惨さになること間違いなしですので、最も気温の低いこの時期に一発手を入れておいて損はないかと。

 

もうホントに、ここまでやってスズが増えてたら、ホントにどん引きどころの騒ぎじゃありません。本気で霊媒師を呼んで除霊してもらうかも知れません。もうそれくらいやり尽くしていると思います。

 

今度こそ、スズの溶出に最後の一撃を食らわします。もうここ最近、スズ、スズ、って、こっちのスズの話はもうおしまいにしたいんだぁ~~~っ!!!!